木造軸組工法とは?

日本で古くから発展してきた伝統工法。木材を使用した土台、柱、梁などで建物を組み立て、斜めに筋交いを入れて補強して作り上げる建物です。当社で推奨する軸組工法は、従来の筋交いではなく外周に構造用合板を張り、耐震性を高め、更に制震システムを導入しております。

接合金物

PRESETOR
家の骨格となる構造体を揺るぎなく接合する強度と快適な住空間を創出する自由な設計、そして工期の短縮化に応えるとともにコスト削減にもつながる、新時代の高度な家づくりに欠かせない金物工法。

PRESETOR PRESETOR

制震システム

地震国日本で本当に安心・安全な生活を実現するには、何よりも地震に強い家づくりが基本です。耐震構造に制震性能をプラスし、家族が安心して暮らせる家づくりを力強く支えます。

V-RECS SafetyGuard V-RECS SafetyGuard