木造枠組壁工法(2×4)とは?

木造枠組壁工法で安心で快適な住まい

木造枠組壁工法とは、世界中で取り入れられている工法の一つで、床・壁・屋根が一体(モノコック構造)となった住宅建設工法。耐震性・断熱性・気密性・耐火性に優れた住まいです。

優れた耐震性

モノコック構造の木造枠組壁工法は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散。力が一部に集中しないため、倒壊・損傷がなく耐震性の高い建物です。
また、木造枠組壁工法の屋根は、全体が一面の構造体となっており、屋根と外壁をがっちりと連結するため、強風や積雪にたいしても強固な構造です。

耐震性 イメージ図

制震システムで余震への備えをご提案

一般的に枠組壁工法(2×4)は地震に強いと言われている中で、耐震力で倒壊を免れても、繰り返す余震への対応「制震力」の重要性が高くなっている最近。枠組壁工法(2×4)の優れた耐震構造に制震性能をプラスしたワンランク上の家づくりをご提案いたします。

V-RECS 2x4 SafetyGuard V-RECS 2x4 SafetyGuard

断熱・気密性

木造枠組壁工法は、壁や床といった構造体自体を断熱化し易い工法であると同時に、床パネルと壁パネルを組み立てる方式のため、気密性の確保も容易な工法です。
優れた断熱性・気密性の住まい。夏涼しく冬暖かい冷暖房効率の高い空間です。イメージ図 断熱性

耐火性

耐火性 イメージ図
木造枠組壁工法は、火の通り道となる床や壁において、枠組材などが、ファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、上階への火の燃え広がりを防止する『ファイヤーストップ構造』です。
また、すべての天井や内側全面に、一定厚以上の石こうボードが貼られることがさらに耐火性能を高めます。
その高い耐火性能は火災保険料率に反映されています。(リブハウスの住宅は全棟『省令準耐火構造』です。)