News新着情報/物件情報

アイランドキッチンと対面キッチンの違いがわからない方に向けて解説します!

アイランドキッチンと対面キッチン違いがよく分からないという方は多いですよね。
対面式キッチンとは、リビングやダイニングに対面する形のキッチンのことで、アイランドキッチンとはその一種のことです。
今回はそんな対面式キッチンについて解説していきます。

□対面式キッチンの種類と特徴

対面式キッチンは大きく分けると5種類のタイプがあります。

1つめは、アイランドキッチンです。
よく耳にするアイランドキッチンとは対面式キッチンの1つということです。
アイランドキッチンは名前の通り、キッチンがどこの壁とも接する事なく、まるで島のように独立していることからそう呼ばれています。
広いスペースが必要ですが、移動が楽で食事の準備や片付けがしやすいのが利点です。

2つ目はペニンシュラキッチンです。
左右の一方が壁に接している対面キッチンのことです。
アイランドキッチンに比べて動きが制限されてしまいますが、必要なスペースはそこまで広くありません。

3つ目は、I型対面キッチンです。
I型キッチンはコンロやシンクが横一直線に並んでいるタイプの対面キッチンです。
キッチンがカウンターで囲まれており、手元を隠せるのが魅力です。

4つ目は、L型対面キッチンです。
I型対面キッチンをL型に拡張したタイプです。
一般的にはシンクとコンロが90度で向き合うように配置されます。
作業スペースが広いことや、コンロが壁側のため汚れが飛び散りにくいのが魅力です。

5つ目はセパレート型キッチンです。
コンロとシンクが分かれているタイプで、最も作業スペースが広い対面式キッチンです。
その分、設置場所も広く取らなければなりません。

□対面式キッチンのメリットとは

最後に対面式キッチンのメリットについて紹介します。

対面式キッチン最大の魅力は家族との会話やテレビなど、何か他の事を楽しみながら料理や片付けができることです。
そして、作業スペースが広く、作業がしやすいことが挙げられます。
また、I型キッチンやL型キッチンはカウンタースペースを用いて、アイランドキッチンやセパレート型キッチンの場合は移動のしやすさから配膳や片付けがしやすいというメリットがあります。

□まとめ

今回は対面式キッチンについてご紹介しました。
どのタイプの対面式キッチンも開放感があり、作業がしやすいことが特徴です。
使い勝手の良い対面式キッチンですが、型によってはかなり広いスペースを確保する必要があるので注意しましょう。