News新着情報/物件情報

スタディスペースをつくって収納がラクになる?メリットをご紹介します!

「子供がリビングで勉強できるスペースを作りたいと考えている」
「スタディスペースを作りたいが、それ以外の用途にも使えるようにしたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回はスタディスペースを作ろうとお考えの方向けに、スタディスペースを作るメリットとポイントについてご紹介いたします。

□スタディスペースを設けるメリットについて

スタディスペースとは、リビングに設置する勉強スペースのことで、パソコンでの作業やお子さんの勉強に使えます。
お子さんにとっては、一人部屋よりも両親が見ているところで勉強をした方が学習成果が上がるというのも魅力の一つです。

スタディスペースをつくるメリットは4つあります。
1つ目は食事前後に片づける手間が省けることです。
食事をするテーブルと勉強机が分かれているため、食事のたびに片づける必要がないのが魅力です。

また、宿題が汚れてしまったり、消しゴムのカスで机が黒くなったりする心配がありません。

2つ目は狭いスペースを有効活用できる点です。
部屋をわざわざ作る必要がなく、キッチン前にあるカウンターや階段の踊り場を使うなど、空間を有効活用して作れます。

3つ目は比較的安い費用で設置できます。
カウンターを設置するだけで、ドアや窓などが必要ないため書斎を作るよりも費用を抑えることが可能です。

4つ目はさまざまな用途で使えることです。
お子さんが宿題をしている間は勉強机として、その他に家事やお仕事、節句ごとの飾り物を飾る場所としてなどとして使えます。

□スタディスペース作りのポイントについて

スタディスペースを作る際のポイントは3つあります。
1つ目はお子さんが勉強机として使う場合、帰宅後から宿題を始めるまでの流れを把握することです。

例えば、帰宅してからランドセルを置き、帽子を所定の場所に置きます。
その後、手洗いうがいをして、ランドセルから給食セット、お箸と水筒を取り出し、プリントは決められた場所に置きます。

最終的に宿題に取り掛かるまでの流れを意識して机を配置すると、お子さんがこの流れに慣れてからは一人で宿題に取り掛かることが可能です。

2つ目は収納スペースとセットで設置することです。
机の上は整頓しにくく、勉強以外の物が加わると散らかってしまいます。
必要な物が1ヵ所に固まるような引き出しを作ったり、片づけ方法を決めておくことがおすすめです。

3つ目は家族全員が使えるような環境を作ることです。
例えば、兄弟が宿題をしている場合はテレビを消す、宿題の時間は、親は読書をしたり、一緒に時間を過ごすなどの方法があります。

□まとめ

今回はスタディスペースについて、メリットや作る際のポイントをご紹介いたしました。
当社ではマイホームをお考えの方向けに、注文住宅や自由設計を承っております。
お客様の理想を形にするため、豊富な経験を持ったスタッフが快適なおうちをご提案いたします。
ぜひお気軽にご相談ください。