News新着情報/物件情報

ピザとピッツァ!?

こんにちは、管理部の丹保です。

先日、外でピザを焼いて食べさせてくださる機会があり、ご馳走になりました。

それがいわゆるピザ窯でなく、写真のような作りの窯で、燃料も市販のチップのようなものだったので、炭もほぼのこらず、手軽そうで、近年のアウトドア用品の進化にビックリしました。

おしゃれな窯ですよね。

その持ち主さんの話によると、「ピザ」と「ピッツァ」は言葉は似ていても、ものは全く別物を意味しているそうです。

イタリアでは石窯で焼いたものだけをピッツァと呼び、オーブンで焼いたものはピザに分類されます。また、ピッツァは一人一枚をナイフとフォークを使い、切り分けながら上品に食べます。切れ目は入っていません。アメリカでピザを注文すると、ピザカッターでカットされたものが提供され、一枚がかなり大きめで手づかみで食べるのが定番です。

日本のピザは、「ピザ」に近いみたいですね。

こまかいことはさておき、高温で焼き上げたピザを、自然の中で食べると最高の美味しさでした。

お手伝いするので、また食べさせてほしいなあー。

あと、明日とうとう待望の『町新モデル』がオープンします!!。この暗いコロナ禍から、一気に明るくワクワクする生活へ運んでくれる、そんなモデルハウスです。どうか皆さんにも、気軽に見に来ていただきたいと思っています!!。