News新着情報/物件情報

住宅に使われる木材の種類とは?選び方のポイントも解説します!

昔に比べ数は減りましたが、木造住宅は温かみが感じられることから今でも人気です。
住宅全体を木造にせずとも、一部に取り入れるだけでも木の良さが活かせる場合があります。
木の良さは、木の種類によってさまざまです。
今回は、住宅にはどんな木材が使われているのか、またその選び方をご紹介します。

□住宅に使われる木の種類とは

さまざまな木が住宅に使われていますが、ここでは特によく使われるスギ、ヒノキ、ヒバの3種類についてご紹介します。

スギは加工性に優れ、強度もあることから、柱や梁などの構造材から床板や天井板などの内装、建具材まで幅広く使われています。
柔らかい特徴があることから、以前は梁に使うとたわむことが心配されていましたが、現在では70年生以上の木であれば、重い瓦葺であっても梁材として十分な強度を発揮できることがわかっています。
ただし、土台にはヒノキや、クリ、ヒバなどのより固い木が向いており、あまりヒノキが使われることはありません。

ヒノキもスギと同じく、古来より日本住宅に使われてきた木です。
耐久性に優れたヒノキは、特に住宅の寿命に影響する柱や土台によく用いられます。
綿密で固い年輪を持ち、虫が付きにくい成分を含有していることから、芯材は耐朽性にも優れています。
また、有名なヒノキ風呂はヒノキの耐水性を生かした使い方です。

ヒバの最大の特徴は、その香りにあります。
ヒノキチオールと呼ばれる殺菌性に優れた成分が香りの正体で、シロアリに対する強さは類を見ません。
耐水性や腐りにくさに優れ、強度もヒノキに劣らないことから土台や柱、浴室、軒回りなどに用いられます。

□押さえておきたい木材選びのポイント

*身体への負担

家族に子供やお年寄りがいる場合は、柔らかい木材を選ぶことで足腰への負担を押さえられます。
一般的に無垢材は肌に優しく、集成材は硬いとされています。

*傷のつきにくさ

住宅の木材は長年住んでいれば、必ず劣化してきます。
小さな傷が月日を重ねるにつれて増えてくるからです。
柔らかい無垢材は傷がつきやすいですが、集成材は硬さがあるため傷はつきにくいです。

*コストバランス

木材は材質も大切ですが、品質とコストのバランスも大切です。
予算内で品質の良い木材を探してみましょう。

□まとめ

今回は、住宅に用いられる木材についてご紹介しました。
今回ご紹介した木以外にも、ジマツやカラマツ、クリ、ケヤキ、ブナなど住宅に使われる木材はさまざまです。
各木材の特徴を上手く生かすことで住みやすい住宅に近づきます。
住宅の木材選びにお困りの方はぜひ当社までご相談ください。