News新着情報/物件情報

住宅の収納でお悩みの方へ!工夫するべきアイデアについてご紹介します!

収納スペースは広ければ広い方が良いとお考えの方はいらっしゃると思います。
ただし、収納スペースは多ければ良いというものではないです。
無闇に広くすれば快適な暮らしを実現できない場合もあります。
そこで今回は、新居の収納スペースの間取りの判断基準や、住宅の工夫のアイデアについて解説します。

□新居の収納スペースは現在の住居を判断基準にしてください!

住宅を建てる際に、適切な収納スペースを確保するためには、現在の住宅を見ることが大切です。
現在どのくらい荷物が家にあるのかを確認しましょう。
その量に応じて確保する収納スペースは異なります。
また、今後はどのくらい荷物が増える予定があるのかを確認するようにしましょう。

そして、重要な考え方として収納スペースは床面積ではなく壁面積で考えることです。
広く床面積をとっても荷物がたくさんあれば積み重ねることで荷物が取りづらくなります。
また、奥から順番にしまうと荷物を取りづらくなります。

その点を踏まえて壁面積を広めにとって床面積を控えめにすれば、棚を取り付けるのも簡単です。
また、前にある荷物をどかして奥の荷物を取るという状況を避けられます。

□住宅の工夫のアイデアについて

住宅を建てる際には、快適な暮らしを実現するために工夫を施す必要があります。

*外で使用するものはシューズクロークや土間収納を利用する

家族が増えると運動用の靴や普段の靴が自ずと増えます。
また、靴だけではなくてお子様の自転車や遊び道具など外で使用するものの収納は可能です。
今後、外で使用するものが増えそうな場合にはシューズクロークは大きめに取っておきましょう。

*パントリーをうまく利用する

仮にスペースに余裕がある場合はパントリーを検討すると良いでしょう。
特に調理に使用する食材を一気に購入してストックすることがある方は有効的に使用できます。
キッチンと近い場所に大容量の食材を確保しておけるのはありがたいですよね。
キッチンに置けないものも収納できるため、キッチンをすっきりさせたい方にとっては嬉しいですよね。

□まとめ

今回は、新居の収納スペースの間取りの判断基準や、住宅の工夫のアイデアについて解説しました。
住宅の収納スペースの判断基準としては床面積ではなくて壁面積で考えるようにしてください。
また、解説した住宅の工夫のアイデアについて参考にしてみてください。
注文住宅を検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。