News新着情報/物件情報

便利な動線の間取りとは?快適に暮らすためのポイントをご紹介します!

住みやすく快適な暮らしを実現するためには動線計画は重要な要素です。
毎日ストレスがかからず、家事が楽になる動線を実現できれば、効率的な家にすることも可能です。
今回は、理想の間取りにするための動線計画の考え方や、家事動線を考える際の重要なポイントについて解説します。
家づくりを検討中の方はぜひご覧ください。

□理想の間取りは動線計画から始まります!

家づくりを進める際にはなぜ動線計画が重要な要素なのでしょうか。
それは家事動線、生活動線、来客動線などの作りによっては生活の質に直結するためです。
家族がどのような経路で動くのか考えて最適な間取りにすることで、実際に暮らしはじめた際に料理、洗濯、掃除などを円滑にすることが可能です。

また、子どもがいる家庭では家事をしながら子どもの様子も確認しておきたいですよね。
そのような場合にキッチンにいても子どもの遊んでいる様子がわかったら安心でしょう。
家族の状況にあわせて最適な間取りにすることが、家族が安心かつ快適な暮らしを実現してくれるのです。

□家事動線を考える際の重要なポイントについて

*無駄のない家事動線と回遊動線にすること

家事の負担を軽減するためには無駄がなく効率的な家事動線にすることが大切です。
そのためは移動にかかる時間を短縮できる間取りを考えましょう。
ご自身の中で家事の順番ややり方があるはずです。
家事がうまく回る様な家事動線を考えると良いでしょう。

*調理手順を考えてコンセントを配置すること

食事を作る際にはコンセントの数と配置がとても重要です。
事前に配線計画を立てておかないと使い勝手の悪いキッチンになってしまう恐れがあります。
場合によっては使用したい調理器具にコンセントが届かないなんてことも考えられるでしょう。
今の暮らしから、調理の一連の動きをイメージしてコンセントを配置してください。

*ものを使用する場所に収納を作ること

特に、家族が集うリビングに関しては物が散乱しがちです。
そのため、ものを使用する場所にものの収納場所を作ると家族全員が片付けるようになるでしょう。
最近ではリビングの一角に衣類や鞄などを収納して着替えができるようなクローゼットを設けるケースもあります。
ものが散乱しないかつ、円滑に家が整う様な最適な配置にしてください。

□まとめ

今回は理想の間取りにするための動線計画の考え方や、家事動線を考える際の重要なポイントについて解説しました。
家づくりの際には外観やインテリアに気を取られがちですが、動線は暮らしの質に直結します。
そのため、動線を考慮した間取りを考えましょう。
その際には、今回解説した家事動線の考え方のポイントを参考にしてください