News新着情報/物件情報

収納の目的はしまうためではない?適切な収納計画を立てましょう!

家族で素敵な暮らしをするために家を建てたいとお考えの方は多いでしょう。
これからの暮らしを想像すると楽しみですよね。
ただ一方で、後悔しないために正しい収納計画を立てることが重要です。
今回は、本来の収納の目的を確認しましょう。
また、適切な収納計画についても解説します。

□本来の収納の目的について考えましょう!

家は外から帰ってきて家族で過ごす大切な空間です。
そのため、できるだけ綺麗な状態で整理されていることが望ましいでしょう。
生活しづらかったり、リラックスできなかったりする場合は、家の機能を果たしているとは言えないですよね。

収納の目的は暮らしやすくすることです。
適切な収納を心がけることが大切と言えます。
収納する際にはクローゼットなど一箇所にものをまとめたり、いらないものを手放すなどの工夫を凝らす必要があるでしょう。
また、次章で適切な収納計画について解説するので参考にして収納を実施してください。

□適切な収納計画のアイデアとは?

*隠す収納と見せる収納を使い分けること

物を収納することは見えないように整理するとお考えの方はいらっしゃらないでしょうか。
収納する際には素敵なインテリアの一環として「見せる収納」にすることも可能と言えます。

収納の目的は快適に暮らしやすくすることです。
そのため、使用する物を使用したい時に適切な場所にあるようにしましょう。
あまり収納の見た目がよろしくないものに関しては隠して、見せるとおしゃれになるような物に関しては思い切ってインテリアとしてコーディネートしてみても良いかもしれないですね。

*家族の動きに合わせたリビング収納を計画する

リビングは家族が一堂に会する場であり、くつろぎの場と言えるでしょう。
人の動きと物が雑多に交錯する空間であり、収納計画を綿密に立てることが大切です。
本を楽しむ方は本棚を設けたり、映画が好きな方はDVDをまとめられる棚を設けたりするなどの工夫しましょう。

*指定の場所を決めること

物をどこにおくか決まっていない場合、家のどこにあるかわからなくなり散乱するケースがあります。
そのため、予め物の定位置を決定しておくと、家族全員が物の住所を把握でき、家事をシェアしたり、片付けが楽になったりします。

□まとめ

収納の目的としては家族で過ごす日々を、快適にするためと言えます。
そのために適切な収納計画として、隠す収納と見せる収納を使い分けたり、指定の場所を設定するなどの収納計画のもと家づくりを進めていくことが大切です。
家づくりを検討されている方はぜひ収納計画を立てる際の参考にしてください。