News新着情報/物件情報

地震に強い家の間取りとは?特徴を解説します!

「地震に備えて、耐震性の高い新築を建てたい」
「どうすれば耐震性が高い家を建てられるのか知りたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
近年、大地震が各地で発生している影響で、耐震性が重要視されています。
今回は地震に強い間取りについてと、その特徴をご紹介いたします。

□耐震等級について

地震に強い家を建てる際に、家がどれだけ揺れに耐えられるのかを知ることができる「耐震等級」があります。
耐震等級には1〜3のランクがあり、3が最も耐震性に優れた建物です。
耐震等級1は、建築基準法で定められた強度を持っています。
震度6〜7の強い揺れに耐えることが可能です。

耐震等級が2になると、1よりも1.25倍耐震性が高まります。
最も耐震性が高いランクは、ランク2よりも1.5倍の強さがあります。
どちらも大きな地震が発生した場合、倒壊や崩壊を防ぐことが可能です。

当社では耐震性がランク3の構造になっていますので、より安心と快適さを備えた住まいを提供しております。
ここまで耐震性について説明しましたが、地震に強い家を作るには、壁や柱などの配置が最も重要です。

□地震に強い間取りの特徴について

地震に強い間取りがあるのをご存じでしょうか。
地震に強い間取りの特徴は、3つあります。

1つ目は、部屋の数が多いことです。
部屋数が増えると柱や梁、壁が家の中に多くある構造のため、耐震性は高くなります。
反対に部屋数が少ない場合や、吹き抜けの家は耐震性が低くなります。

2つ目は、耐力壁がある家です。
壁が多いと屋根をしっかりと支えることが可能です。
近年ではツーバイフォー工法の家が増えています。
当社ではツーバイフォー工法を採用しており、世界基準の強さと快適性を加えたおうちづくりをサポートしております。

3つ目は、正方形の形をした家です。
正方形の形にするには柱が多く必要で、土台から2階まで一本で通した柱を使うことがあります。
この場合、より揺れを分散させて揺れを抑えることが可能です。
複雑な間取りや細長い構造の間取りは、揺れの影響を受けやすく、壁の短い辺や接合部に負荷がかかり、倒壊につながることがあります。

□まとめ

今回は地震に強い間取りについてと、特徴について詳しくご紹介いたしました。
当社では、耐震性ランク3のおうちやツーバイフォー工法という耐震性も強く、季節ごとの快適さも兼ね備えたお住まいを提供しております。
モデルハウスの見学や電話でのご相談を受け付けております。
新築をお考えの方はぜひお気軽にご相談ください。