News新着情報/物件情報

外断熱と内断熱の違いとは?メリット・デメリットをご紹介!

注文住宅を検討されている方の中で、断熱にもこだわることを忘れている方はいらっしゃいませんか。
1年中快適な家で暮らすためには、断熱にもこだわりましょう。
断熱には、外断熱と内断熱の2種類があります。
今回は、その2種類の断熱の違いをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□外断熱・内断熱の仕組みをご紹介!

外断熱は、建物の外側の中に断熱材を入れて、断熱層を作る工法のことを言います。
断熱層を作ることで、外気を遮断できるので、室内の温度や湿度を一定にできます。
断熱材は、耐水性に強いプラスチック素材のものや発泡素材が多く使用されています。

一方、内断熱は柱の間に断熱材を入れて断熱層をつくる工法のことを言います。
外断熱工事と比べると手軽にでき、予算も抑えられます。
断熱材は、プラスチック素材や天然素材のものが多く使用されます。

□外断熱・内断熱のメリット・デメリット

外断熱のメリットは、建物全体を断熱材で囲うので気密性が高いことです。
気密性が高ければ、結露の発生を防げます。
建物の外側と内側の温度差が小さくなるので、冬の結露が発生しにくくなります。
また、家が長持ちするというメリットもあります。
結露が発生しにくくなると、カビや錆による劣化も抑制できるからです。

デメリットは、外壁が厚くなることです。
外断熱をするためには、間取りに余裕を持つ必要があります。
そのため、面積が狭い、またはデザインが複雑な間取りには不向きでしょう。
もう1つのデメリットは、耐震性が不安であることです。
断熱材の上から外壁材を留めるので、耐震性に不安が残ります。

内断熱のメリットは、まず外壁に影響がないことです。
外断熱と異なり、柱の間に断熱材を付けるので外壁が厚くなりません。
デザイン性を失わずに断熱できます。
また、外壁材よりも費用が安いというメリットもあります。
建物全体を囲わないので、その分費用が抑えられるのです。

デメリットは、外断熱と比較すると気密性が低いことです。
外断熱のように建物全体を覆わないので、隙間ができてしまいます。
気密性が低いと、結露が発生しやすくなります。
木造よりも鉄筋コンクリート造の方が結露が起こりやすいと言われているので、住宅の構造も一緒に考えてみましょう。

□まとめ

今回は、外断熱と内断熱についてご紹介しました。
しっかりと断熱をしておくと、夏は涼しく冬は暖かい家になります。
ぜひ断熱にもこだわって暮らしやすい家を作ってくださいね。
また、注文住宅でお悩みの方は当社までお気軽にご相談ください。