News新着情報/物件情報

対面キッチンとは?収納の確保方法も解説します!

対面キッチンは、家族とのコミュニケーションが取りやすいことや、作業スペースが広いことから近年人気のスタイルです。
注文住宅のキッチンは対面キッチンにしたいとお考えの方も多いでしょうが、収納面に不安を感じている方もいるかと思います。
そこで今回は、対面キッチンの種類と収納のコツについてご紹介します。

□対面キッチンのレイアウトの種類

対面キッチンはリビングやダイニングとキッチンが壁で仕切られていない、開放感のあるキッチンです。
そんな対面キッチンのレイアウトをここでは5種類ご紹介します。

1つ目は、アイランドキッチンです。
キッチンが壁と接しておらず、まるで島のようになっていることからそう呼ばれています。
壁と接していないため、キッチンの周囲に遮るものがなく、開放感のあるレイアウトです。

2つ目は、ペニンシュラキッチンです。
ペニンシュラキッチンとは、キッチンの左右の一方が壁と接している対面キッチンで、アイランドキッチンに比べると動きが少し制限されますが、必要なスペースがそれほど広くないのが魅力です。

3つ目は、I型キッチンです。
I型キッチンとは、コンロやシンクが一直線に並んだスタイルの対面キッチンで、キッチンの正面にカウンターが設置されています。
そのカウンターのおかげで、配膳や片付けがしやすいレイアウトです。

4つ目はL型キッチンです。
L型キッチンはキッチンが横一線ではなく、L字に曲がった形をしています。
一般的にはシンクとコンロが90度で向き合うように配置されている事や、作業スペースが広く取れることも特徴の一つです。

5つ目は、セパレートキッチンです。
セパレートキッチンは、コンロとシンクが分かれているタイプのレイアウトで、作業スペースが最も広いタイプです。
ただしその分設置スペースが必要になります。

□対面キッチンの収納について

対面キッチンは収納で悩むことが多いでしょう。
従来のキッチンであれば、上部に吊戸棚があり、そこに収納できますが対面キッチンにはそれがないため、収納場所を別に確保しなくてはなりません。

おすすめは、キッチンの背面、あるいは一部となる壁の利用です。
壁に食器や調理器具専用の収納棚を設置することで十分な収納場所を確保できます。

□まとめ

今回は近年人気の対面キッチンについてご紹介しました。
対面キッチンの設置には、キッチン台だけでなく収納棚の設置場所も考える必要があるので、間取り構成が難しいです。
しかし、これを克服すれば、開放的で使いやすいキッチンになります。
ぜひあなたの注文住宅に取り入れてみてはいかがでしょうか。