News新着情報/物件情報

感情移入による気分転換

こんにちは、管理部の藤井です。
企業活動に絡めた小説は沢山ありますが、これも私の中で上位に入る小説の1つです。

 「鉄の骨」

実際に起きた談合事件をモデルとし、主人公が自己の正義感と組織に殉じる使命感の狭間で苦悩する、テレビドラマ化にもされた作品です。
仕事に対する責任や情熱、周囲を取り巻く権力やしがらみ、そして目的を達成させるための駆け引きなどを味わうことが出来る内容で、650ページに描かれた予想を覆すハラハラドキドキさせる展開と、気分をスカッとさせる結末を存分に楽しめる作品です。

日常の中で考えさせられることがあるときは、この小説を開くときがあります。
分厚い冊子のため全てを一気に読み返すには時間を要しますが、所々の感情が高ぶる部分だけを読み返し楽しむこともあります。
そんなときは主人公を自分と見立て、こんなときはどの様に行動しようか、次はどこを目指そうかなど、想像することで脳を活性させると同時に、ストレスの発散効果も得ています。

この作品は、勇気や活力を引き立たせてくれるおすすめの1冊です。
ドラマ化されたDVDレンタルもありますよ。