News新着情報/物件情報

断熱効果の高い家の作り方とは?メリットとデメリットも解説!

住み良い家の条件として、「断熱効果が高い」ということはよく言われます。
断熱効果が高いと夏は涼しく、冬は暖かい家になるのです。
今回は、高気密、高断熱であることのメリットやデメリット、そして断熱効果の高い家を実現するためのポイントをご紹介します。

□高気密・高断熱のメリットデメリット

まず、高気密であるとは、簡単に言うと、家に隙間がないことです。
また、高断熱とは室内と室外の熱のやりとりが少ないことです。

*高気密・高断熱のメリット

まず、外気の影響を受けにくくなるため、夏は涼しく冬は暖かい、年中快適な家になります。
さらに、内外で空気のやりとりがないことは冷暖房の効率アップに繋がり、光熱費の節約が期待できます。

普段外気の影響で変化するものは気温だけでなく湿度も同じです。
無駄な湿気の流入が少ない高気密・高断熱住宅では洗濯物の乾きが良くなります。
梅雨の時期や、花粉症の季節など部屋干しがメインになる時期には、嬉しいですよね。

*高気密・高断熱のデメリット

最近では、最低限の断熱性を備えている住宅が当たり前になっていますが、断熱効果のより優れた住宅のために断熱材などにこだわると建設コストが高くなります。

石油ストーブを使うと発生した一酸化炭素が部屋の中に充満する可能性があるため使用できません。
暖房器具はエアコンや床暖房を使うことになるでしょう。

無駄な湿気の侵入がないことはご紹介しましたが、逆に空気が乾燥しすぎることは起こりがちです。
洗濯物を干したり、加湿器を利用したりするなどの対策が必要な場合もあります。

□断熱性の高い家のためのポイント

高い断熱性を実現するためのポイントは主に2つです。

1つ目は壁、床、天井の断熱性です。
「外張り断熱」と「充填断熱」と呼ばれる2種類の施工方法があり、「外張り断熱」は柱や梁などの外側を断熱材で包む工法です。
対する「充填断熱」は柱の間や床下、天井の上など住宅の内側に断熱材を設置します。

2つ目は、窓などの開口部の断熱性です。
窓などの開口部は、柱や梁に比べて熱を通しやすくなっています。
断熱性能の高いガラスを用いたり、内窓を増設して二枚窓にしたりすると断熱性を高められます。

□まとめ

今回は、高断熱高気密のメリットデメリットや断熱性の高い家を実現するためのポイントをご紹介しました。
断熱性の高さは、住み良い家のための必要条件です。
壁や天井だけでなく、窓など直接外気に触れる部分にも気を配ることを忘れないようにしましょう。