News新着情報/物件情報

栄養と健康効果の向上

こんにちは、管理部の藤井です。
3月も中旬となり、コタツでまったり過ごせる時間も終わりに近づいて来ました。
コタツの温もりを味わいながらみかんを頬張ると、何か幸せな気持ちに包み込まれるような不思議な感じになり、お気に入りの映画を鑑賞したり静かに読書をしたりと、自分の時間を大切にすることも心掛けています。

先日、SNSで見掛けたある投稿に焼きみかんを紹介する内容がありました。
あまり見聞きすることが無かったのですが、地域によっては習慣として食すことがあるようです。

みかんは加熱すると栄養価が高まり喉の潤いや風邪予防にも良いそうで、作り方はトースターで15分ほど加熱するだけで、焦げ目が付き焼き芋のような香りがしてきたら出来上がりです。
パンパンに膨れ上がると皮が裂けて果汁が滴りますので、アルミホイルを敷くと汚れないですね。
皮を剥くと果肉から湯気が立ち上がるシュールな光景ですが、トロんとした食感と柑橘の大トロと言われる ❝せとか❞ と思えるほど格段にアップした甘さを楽しむことが出来ます。

焼きみかんの皮にも効能があるそうで、腸の運動を活発にさせ消化吸収を良くし、睡眠の質を向上させる働きもあるそうです。
新陳代謝や血液循環も向上するとのことですので、普段何気なく感じているちょっとした症状が改善されることも期待できますね。

画像の見映えはあまり良くありませんが、実際に試したみかんの焦げ具合です。
本当に焼き芋の香りがしました(笑)