News新着情報/物件情報

水回りの動線は生活上大切です!水回りの家事動線を考慮した間取りについて解説します!

水回りの間取りを考える際には考慮すべき点がいくつかあります。
キッチンや浴室などの水回りは日常生活を送る上で必ず使用すると言って良いほど使用する箇所で、生活の大きな割合を占めています。
そこで今回は水回りの家事動線を考慮した間取りのポイントと、水回りに近づけすぎない方が良い場所について解説します。

□水回りの家事動線を考慮した間取りについて

水回りの家事動線は、家族の食事を作ったり風呂掃除をしたりと家事と家事の間で行き来する動線のことを指しています。
家事動線が家の間取りに最適化されているとどのような良いことがあるのでしょうか。
それは、日常の家事の時間と労力の負担を軽減できることです。
効率的かつ、無駄を省くことで快適な家事を可能にして、質の高い暮らしを実現できるでしょう。

その際には、移動歩数を減らす間取りなどがあります。
キッチンや洗面所、トイレなどのスペースを集約させることによって移動を減らし家事のストレスが軽減するでしょう。

また、洗濯の効率に特化した間取りもおすすめです。
洗う、干す、取り入れる、たたむ、しまうなどの一連動作に無駄をなくせば洗濯を時短できます。
脱衣所のスペースを大きくして、洗濯関連の動作がしやすくするようにすると不便に感じることがなくなります。
広い分、家族が同タイミングで洗面所に入ってきても苦に感じないでしょう。

いずれにしてもストレスを感じない間取りが最適であると言えます。
ご自身の現在の生活を省みてどのような間取りが良いかイメージを膨らませておくと良いでしょう。

□水回りに近づけすぎない方が良い場所とは?

水回りに近づけすぎない方が良い場所はいくつかあります。
中でも寝室は水回りに近づけすぎないことが大切です。
トイレで用を足した後に流す水の音は静寂な夜では大きな音として響き渡ります。
そのため、家族の目が覚める恐れもあります。

また、家族のお風呂に入る音が気になる場合も考えれます。
仕事が遅くまでかかり、夜遅くにお風呂に入る方がいらっしゃる家庭では特に寝室を水回り周辺には持ってこないようにすることをおすすめします。

□まとめ

今回は水回りの家事動線を考慮した間取りのポイントと、水回りに近づけすぎない方が良い場所について解説しました。
水回りの間取りは実際に家事をしているイメージをして、移動距離や効率を意識しましょう。
また、寝室はトイレやお風呂場などの水回りに近づけたりしないことが大切です。
少しでも快適な暮らしができるように不安要素は解消していきましょう。