News新着情報/物件情報

水回りの間取りの例とやってはいけないことを紹介します!

注文住宅を建設するとき、絶対に後悔のないようなマイホームにしたいですよね。
そのためにも、意識・注意すべき箇所はたくさんあり、水回りのエリアもそのうちの一つです。
生活に欠かせないエリアだからこそ、失敗したくないですよね。

そこで、水回りに関してやってはいけないことや動線の良い水回りの例を紹介します。

□水回りのことでやってはいけないこととは

水回りのことで失敗しないためにも、やってはいけないことは主に5つあります。
設計時にこの5つを意識すれば失敗しないでしょう。

1つ目のポイントは、1階と2階にトイレを設置するときは異なる場所に配置することです。
上下階にトイレを設置したい場合は、同じ位置にトイレを配置するようにしましょう。
異なる位置にトイレを配置してしまうと、排水管のルートや音、費用が増えるなどのさまざまな問題が生じてしまいます。
これは、トイレだけに関わらず水回り全てに共通することであり、水回りはできるだけ上下階で近い位置に配置するようにしましょう。

2つ目のポイントは、水回りの分散配置です。
水回りの例として、キッチン、お風呂、トイレ、洗面所が挙げられますが、これらを離れて設置することは避けましょう。
分散してしまうと余分な給排水管の経路が増え、費用も増えてしまいます。
最低、トイレ、お風呂、洗面所は集中配置にしましょう。

3つ目のポイントは、トイレを他の居室に隣接した配置にすることです。
新築の時は、音の遮音性が優れておりあまり音について気にすることはないでしょう。
素材や建築材は接合変形を起こしたり、経年劣化により、遮音性が低下します。
そのため、他の居室に隣接した場所に設計をしてしまうと、トイレの音が居室内に響ぬ可能性があります。
トイレを配置するときは、リビングや寝室などに隣接しないように設計しましょう。

4つ目のポイントは、住宅の中心に配置することです。
住宅の中心に水回りを配置してしまうと、全ての部屋に対して湿気やカビの拡散を促し、住宅の劣化を早めてしまいます。
その上、自然換気が行えないため全て機械式換気を取り入れなくてはいけなくなるので、費用も増えてしまいます。

5つ目のポイントは、南側に配置することです。
南側のエリアは、住宅内で最も気温や湿度の変動が激しいエリアです。
そのエリアに水回りを配置してしまうと、気温や湿度の変動より影響を受けやすく、湿度過多が生じてしまいます。
そのため、カビや結露が発生しやすくなり、住宅も劣化しやすくなってしまいます。

□動線の良い水回りの例

水回りで失敗しないためにも、設計時に注意すべきポイントややってはいけないことについて紹介しました。
ここでは、動線の良い水回りの例を3つ紹介するのでぜひ参考にしてください。

1つ目の例は、室内干しと室外干しの両方に良い動線です。
キッチンと洗面室、室内干しのスペース(土間など)と勝手口を近い配置にするとと動線が短くできます。
動線が短いと洗濯物を効率的に済ませられます。

2つ目の例は、2階に浴室や洗面脱衣所を配置する例です。
LDKを一階に配置し、2階のベランダやバルコニー付近に浴室や洗面脱衣所を配置するなど、家事の習慣に合わせて柔軟に考えると、便利で楽に家事を行えます。

3つ目の例は、ユーティリティールームを配置することです。
多くの住宅では、洗濯機を洗面所に設けることが多いでしょう。
しかし、洗濯専門の部屋であるユーティリティルームを勝手口の隣などに設けると、室内干しだけではなく、室外干しにも便利な設計になります。

□まとめ

今回は、水回りのことでやってはいけないことや動線が良い設計の例について紹介しました。
水回りの位置によっては、住宅全体が劣化しやすくなるので、水回りの配置は慎重に考えることが大切です。
当社は、家庭ごとの習慣に合わせたオーダーメイドの住宅づくりを心がけています。
興味のある方はぜひ一度ご相談ください。