News新着情報/物件情報

注文住宅に書斎は必要?スペースを確保した例も解説!

コロナ禍の働き方改革によってテレワークが主体となった方は多いでしょう。
そこで問題となったのは、仕事をする場所が自宅にないことや、気持ちのオンオフの切り替えが難しいことです。
仕事だけでなく、何か一人で黙々と作業をするために書斎を設ける人が増えています。
今回はその書斎の必要性について解説します。

□書斎が必要とされる理由

書斎は元々は、読書をしたり、作家の方が執筆活動を行なったりするための部屋でした。
そのため日本でも、書斎がある住宅は多くありませんでした。
しかし、冒頭でも述べた通り、新型コロナウイルスの流行により、自宅に仕事をするための場所が必要になってきたことや、家族内でもプライベートな空間を確保したいという方の増加から、自宅に書斎を設ける人が増えてきています。

実際、設けてみると仕事、趣味、書庫など幅広い用途で使えるので便利です。
防音設備を施せば、子供がいる家庭でも生活音に阻害されることなく自分の作業に集中できますよ。

□一戸建ての書斎はどんな間取り?

書斎はその間取り次第では使い勝手が大きく変わります。
ここでは大きく2種類に分けてそれぞれの間取りの特徴をご紹介します。

*独立した個室タイプ

多くの方が想像する書斎は、この独立した個室タイプの書斎でしょう。
周りに邪魔されず、黙々と作業をしたいという方にはもってこいのタイプですね。
2畳ほどのスペースでもデスク、椅子、本棚程度は収納が可能です。
ただし、日当たりの良すぎる場所は、日焼けによる書物の劣化が心配されるので北向き、あるいは窓のない居室にするのがおすすめです。

*居室の一部に設けるオープンタイプ

リビングやダイニング、寝室などの比較的広さにゆとりがある部屋の一部分を切り取るような形で書斎とする方法もあります。
個室タイプのように一部屋分の間取りを取らずに済むのが魅力の一つです。
完全な個室にはできなくても、袖壁や格子を設けることで半プライベートな空間を作り出せます。
在宅ワークはもちろんですが、子供の勉強スペースとして利用すれば、子供は集中でき、親は目に付くところで勉強をさせられるという相互にメリットのある空間にできそうですね。

□まとめ

今回は、注文住宅に書斎を設ける必要性や、その間取りについてご紹介しました。
書斎はただ本を置いて読書をするだけの場所ではなく、これからの時代は幅広い用途に使える部屋になるはずです。
ちょっとした作業にも使えるのでぜひ設けてみてはいかがでしょうか。