News新着情報/物件情報

注文住宅をお考えの方必見!一般的な家の広さを解説します!

「一戸建てで注文住宅を考えているが、どのくらいの広さがあればいいのかわからない」
「坪数や延床面積、間取りなど、専門用語が多くてよくわからない」
このようにお困りの方は多いのではないでしょうか。
今回は注文住宅をお考えの方に向けて、一般的な家の広さについて解説いたします。

□一戸建て住宅で耳にする「面積」について

マイホームを建てる際、よく耳にするのが「面積」というワードではないでしょうか。
面積に関連する用語として、延床面積、土地面積、建築面積、建物面積、施工面積があります。

延床面積とは、床の面積の合計を表します。
階数ごとに室内とみなされる場所の床面積を足して算出します。
地域によって平均面積は異なりますが、平均的には約130平方メートルです。
平均的な面積の場合、建築費は約2500万円というデータがあります。

土地面積とは、土地を上から見て測定した面積のことです。
上から見た面積のため、地面が傾斜になっている場所などは実際の表面積よりも狭くなるのが特徴です。

建築面積は、上から土地を見たときに外周を使って求めた面積のことです。
2階が1階よりも大きい場合、2階を上から見た面積が建築面積になります。

建物面積とは、延床面積と同じ意味として使われ、建物内の床面積をすべて足したものです。
容積率を求めるために使われます。
容積率は、敷地面積のどれくらいを延べ床面積が占めているかについて知るために必要です。

土地の広さに対して何階建ての建物が建てられるのかを定める基準といえます。
これは、下水や道路などのインフラ設備がきちんと機能するのかを知る値でもあり、重要です。

施工面積は、実際に施工工事をした場所を面積に含んだ値です。
注意点としては、建物面積と施工面積どちらを用いた坪単価なのか確認しておかないと、後に建築費を見積もった際に金額に差が出てしまう場合があります。

□一般的な坪数について

坪とは、広さの単位のことで一坪は約3.3平方メートルです。
一般的に、一戸建ての場合は約30坪〜40坪の広さが多いといわれています。
間取りに言い換えると、30坪の場合は3LDK〜4LDKです。

一戸建て住宅の場合、最低限の面積と快適に過ごせる広さの目安があります。
3人家族の場合、最低でも40平方メートル、約12坪が必要です。
快適にすごせる広さとしては、100平方メートル、約30坪といわれています。

□まとめ

今回は注文住宅における一般的な広さや、よく使われる用語について解説いたしました。
当社はお客様の理想や快適さにこだわった注文住宅サービスを承っております。
注文住宅をお考えの際は、ぜひお気軽にご相談ください。