News新着情報/物件情報

洗面所の間取りをどうするかお考えの方へ!工夫をご紹介します!

「リビングやキッチンだけではなくて洗面所もこだわりたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、洗面所レイアウトの考え方とコツをご紹介します。
また、狭い洗面所での工夫もご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

□洗面所レイアウトの考え方とコツとは?

1つ目のコツは、必要な広さを確保することです。
洗面所と脱衣所がセットになっている場合、大きく1畳と2畳の広さに分類されます。
まず、都内狭小地の場合や間取りにメリハリをつけて他の部屋を広くしたい方には1畳分のスペースをおすすめします。
最低限のスペースしかないので、使い勝手が悪く感じるかもしれませんが、家族で使用時間の折り合いをつけて工夫してみましょう。

2畳のスペースであれば、洗面所と洗濯機を置いても少しゆとりがある間取りになります。
収納スペースも確保できるので、比較的使いやすいでしょう。

2つ目のコツは、家事動線を考えて洗面所の場所を決めることです。
家事動線を考えておくと、無駄な動きを減らせるので時間も短縮できます。
洗面所内の動線をスムーズにするのはもちろん、キッチンや勝手口など頻繁に家事で利用する場所との移動をしやすいようにすると、家事が楽になるでしょう。

□狭い洗面所での工夫をご紹介!

狭い洗面所には、壁面収納がおすすめです。
壁面収納がおすすめである理由は、効率良く収納スペースを増やせることです。
洗面所用のスリム収納といった既製品は、空きスペースにフィットする高さや幅のものを見つけるのは困難です。
しかし、壁面収納であれば床から天井までの空いているスペースを設けられるので、効率良く収納スペースが確保できます。

また、洗面所で使用するものを1つの場所にまとめられることもおすすめである理由の1つです。
洗面所はタオルや歯ブラシ、化粧品、洗剤や柔軟剤など多くのものを使用する場所です。
洗面所やお風呂場で使用するものも収納できると楽ですよね。

そこで壁面収納を設けておくと、洗面所で使うものをまとめて収納できるでしょう。
収納に困るといったことがなくなるので、壁面収納をおすすめします。
ぜひ検討してみてくださいね。

□まとめ

今回は、洗面所についてご紹介しました。
洗面所は、狭いスペースなのでどのような間取りにするか迷いますよね。
この記事を参考にして、素敵な洗面所のスペースにしてくださいね。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。