News新着情報/物件情報

玄関に手洗い場を設置するデメリットはない!?感染症予防にも最適です!

「衛生面に気を配りたくて、玄関に手洗い場をつけようと思っているが実際にはどうなのか知りたい」
「玄関に手洗い場をつけたいが、つけた後に後悔したくない」
このようにお考えの方は、多いのではないでしょうか。
今回は、玄関に手洗い場を設置するメリットとデメリットについてご紹介いたします。

□玄関に手洗い場があるメリットについて

玄関手洗い場を設置するメリットは4つあります。
1つ目は、帰宅後すぐに手洗いうがいができることです。
玄関で手洗いうがいをすませれば、部屋の中に菌を持ち込まずに済みます。

2つ目は、服やかばんについた汚れもその場で水洗いができることです。
雨の日は服にもドロがついてしまったり、外で庭作業をしていたりした際、部屋の中に汚れを持ち込みたくないですよね。
こんな時に入り口でささっと汚れを落とすことができるのは便利です。

3つ目は、来客があった際、お客様用の手洗い場として使えることです。
お客様に生活感がある洗面所を使ってもらうのは少し恥ずかしいと思った際に、整った玄関で手を洗うことができれば良い印象をもってもらえる可能性が高いです。

4つ目は、朝の忙しい時間帯に洗面所の混雑を避けられることです。
玄関の手洗い場に鏡を付ければ、髪や服の身だしなみチェックにも使え、家族全員が洗面所を使いたくて混雑するといった状況を避けられます。

□玄関手洗い場を設けるときの注意点について

玄関に手洗い場をも置ける場合注意すべき点は4つあります。
1つ目は、洗面のボウルの大きさを確認することです。
ボウルが大きすぎると、玄関スペースを圧迫することになったり、確認せずに購入するとイメージとは違う場合があります。

2つ目は、お子さんのサイズに合わせず、大人の基準で高さを設定することです。
お子さんは踏み台などで高さを調整できるため、大人基準で設定しましょう。

3つ目は、収納スペースを設けることです。
タオルかけやハンドソープなどの小物をおけるスペースがあると便利です。

4つ目は、デザインに統一感を持たせることです。
玄関全体のデザインを見ながら雰囲気が合うものを選びましょう。
床や壁の色と、水栓やカウンターの色を合わせると統一感がでます。

□まとめ

今回は、玄関に手洗い場を設置するメリットと注意点についてご紹介いたしました。
当社は新築を検討しているお客様向けに、自由設計住宅、注文住宅を承っております。
実績が豊富で、快適さを追求した住まいを提供しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。